玉野真司写真
氏名: 玉野 真司,たまの しんじ,TAMANO Shinji
役職: 准教授
連絡先: 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
名古屋工業大学大学院 しくみ領域
Phone:052-735-5609
Fax:052-735-5609
E-mail:tamano.shinji@nitech.ac.jp
居室:3号館3階310号室
【履歴】 1998年: 名古屋工業大学 工学部機械工学科 卒業
2000年: 名古屋工業大学 博士前期課程工学研究科 生産システム工学専攻 修了
2002年: 名古屋工業大学 博士後期課程工学研究科 生産システム工学専攻 修了
2002年: 博士(工学)
2002年: 名古屋工業大学 工学部機械工学科 助手
2007年: 名古屋工業大学 大学院工学研究科 助教
2010年: 米国ウィスコンシン大学 マディソン校 客員研究員(2010.3~2011.3)
2012年: 名古屋工業大学 大学院工学研究科 准教授
【現在の専門】 流体工学 (Fluid Engineering),流動制御 (Flow Control),
レオロジー (Rheology),省エネ技術 (Energy Conservation Technology)
【希望共同研究】 ・界面活性剤添加による流動抵抗低減技術の開発
・複雑壁面性状による流動抵抗低減技術の開発
・希薄粘弾性流体のレオロジー計測法の開発
・非ニュートン流体の流れの数値シミュレーターの開発
【所属学会】 日本機械学会,日本流体力学会,日本レオロジー学会,The Society of Rheology
【社会活動】 ・日本機械学会論文校閲委員 (2008-2009年度, 2011-2012年度)
・日本機械学会流体工学部門広報委員 (2012-2013年度)
・日本流体力学会中部支部役員 (2012年度~)
・日本レオロジー学会研究会幹事 (2013年度~)
・日本機械学会イノベーションセンター研究協力事業委員会委員 (2016年度~)
・日本機械学会流体工学部門技術委員会講演会WG幹事 (2017年度~)

・論文校閲
Journal of Fluid Mechanics,Physics of Fluids,Journal of Non-Newtonian Fluid Mechanics, Journal of Turbulence,International Journal of Heat and Fluid Flow, International Journal of Heat and Mass Transfer, Rheologica Acta,Flow, Turbulence and Combustion, Experimental Thermal and Fluid Science, European Journal of Mechanics - B/Fluids, Chemical Engineering and Processing,Chemical Engineering Communications, Heat Transfer Engineering,Journal of Fluid Science and Technology,Journal of Thermal Science and Technology, Advances in Mechanical Engineering,Progress in Computational Fluid Dynamics,Open Physics, Journal of Chemical Engineering of Japan, 日本機械学会論文集,日本レオロジー学会誌,可視化情報学会論文集,化学工学論文集など
【受賞】 平成27年度 油空圧機器技術振興財団 論文顕彰
平成27年度 日本機械学会賞(論文)
平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
平成24年度 日本流体力学会 竜門賞
平成24年度 日本レオロジー学会 奨励賞
平成24年度 日本機械学会 東海支部 研究賞
平成21年度 日本機械学会 奨励賞(研究)

学内
平成27年度 名古屋工業大学 特別褒賞
平成25年度 名古屋工業大学 教員褒賞 優秀賞
平成24年度 名古屋工業大学 教員評価 優秀賞
平成22年度 名古屋工業大学 教員評価 優秀賞
平成21年度 名古屋工業大学 教員評価 優秀賞
【現在進行中の研究テーマ】  工業プラント等の各種配管系ならびに航空機や船舶等の輸送機械における流動損失の低減は, 省エネ化の観点から,重要課題の1つとなっています.流動損失は壁面と流体との摩擦により 生じ,その大きさは,壁面近くに存在する渦の強さに大きく依存します.現在,壁面近くの 渦の生成・維持メカニズムを上手く制御することにより,流動損失を低減させる 技術(DR技術)の開発に取り組んでいます.

(1) PIV,DNS,レオロジーの融合による界面活性剤水溶液の乱流抵抗低減機構の解明:
 陽イオン性および非イオン性界面活性剤水溶液の平板上乱流境界層流れにおける高精度な 粒子画像流速測定法(PIV)計測,界面活性剤水溶液のレオロジー特性を再現可能な構成方程式 モデルに基づく大規模な直接数値シミュレーション(DNS),およびせん断粘度・伸長粘度などの各種 レオロジー計測により得られる3つの知見を融合して,界面活性剤水溶液に特有のDRメカニズム の解明を目指します.今年度は,粘弾性流体の乱流境界層流れにおける最大抵抗低減領域とシート 状構造との関係解明に取り組みます.

(2) 植毛リブレットによる新しい乱流抵抗低減表面の創成とそのメカニズムの解明:
 マイクロオーダーの微細な縦溝構造(リブレット)にはDR効果があることが知られており, 競技用水着等への利用が進められています.その幾何形状ならびに物性の高機能化による新 しいDR技術の開発を行ないます.DRが大きく,DRが得られるレイノルズ数(流速)域が広い 高機能な流動抵抗低減表面を開発することを目的として, 静電植毛技術により人工毛を壁面にリブ状に植毛し,複数波長の柔軟な植毛リブレットを 創成します.また,そのDRメカニズムを解明するため,高精度かつ大規模なDNSを実施します.

(3) 界面活性剤の地中熱ヒートポンプ空調システムへの応用:
 リンスに代表される界面活性剤を水に微少量(ppmオーダー)添加すると大きなDR効果が 得られることが知られており,地域冷暖房空調システム等への利用が進められています. DR剤として陽イオン性界面活性剤が主に使用されていますが,生分解性に優れ,自然環境 への負荷がほとんどない非イオン性界面活性剤に着目した新しいDR技術の開発を行ないます. 本年度は,地中熱利用ヒートポンプ空調システムに用いられている冷媒(不凍液)の循環に 伴うポンプ動力の削減を目指したDR技術の開発に取り組みます.

【研究費】 科学研究費補助金(代表)
平成27~29年度 挑戦的萌芽研究
平成27~29年度 基盤研究(B)
平成24~26年度 挑戦的萌芽研究
平成23~26年度 若手研究(A)
平成21~22年度 若手研究(B)
平成19~20年度 若手研究(B)

科学研究費補助金(分担)
平成26~28年度 基盤研究(B)
平成21~23年度 基盤研究(B)
平成18~20年度 基盤研究(B)

科学技術振興機構
平成24~26年度 CREST (分担)
平成24~25年度 A-STEP (分担)
平成23~24年度 A-STEP (代表)

学外研究助成(代表)
(財) 不二科学技術振興財団 平成29年度 研究助成
造船学術研究振興機構 平成27年度 研究助成
(財) 日東学術振興財団 平成26年度 研究助成
(財) JKA 平成26年度 研究補助事業(個別研究)
(財) 豊田理化学研究所 平成24年度 豊田理研スカラー
(財) 中部電力基礎技術研究所 平成21年度 出版助成
(財) 日揮・実吉奨学会 平成20年度 研究助成
(財) 中部電力基礎技術研究所 平成17年度 研究助成
(財) 東海学術奨励会 平成17年度 研究助成

共同研究助成(代表)
統計数理研究所 平成21年度 共同利用研究 一般研究1
統計数理研究所 平成20年度 共同利用研究 一般研究2
統計数理研究所 平成19年度 共同利用研究 萌芽・若手型研究

海外派遣助成(代表)
日本学術振興会 平成21年度 優秀若手研究者海外派遣事業(常勤研究者)
日本学術振興会 平成19年度 国際学会等派遣事業第2期
(財) 日東学術振興財団 平成19年度 海外派遣助成
(財) 立松財団 平成19年度 海外調査研究助成
(財) 中部電力基礎技術研究所 平成18年度 国際交流援助
(財) 矢崎科学技術振興記念財団 平成17年度 国際交流援助
(財) 立松財団 平成16年度 海外調査研究助成
(財) 名古屋産業科学研究所 平成16年度 研究等助成(海外渡航援助)

学内研究助成(代表)
平成25年度 学内研究推進経費(将来を見据えた研究)
平成22年度 学内研究推進経費(若手研究)
平成21年度 学内研究推進経費(若手研究)
平成20年度 学内研究推進経費(若手研究)
平成18年度 学内研究推進経費(若手・基礎研究)
平成15年度 大学研究活性化経費(奨励研究)
【授業科目】
第一部 流体力学(第3学年前期)
機械物理工学講究(第3学年後期)
第二部 流体力学I(第2学年後期)
大学院 乱流現象(第1学年前期)
学術論文(英文)

22: Shinji TAMANO, Yota OHASHI, and Yohei MORINISHI, Dynamics of falling droplet and elongational properties of dilute nonionic surfactant solutions with drag-reducing ability, Physics of Fluids, Vol.29, No.053104, 2017.5, pp.1-12.

21: Yasushi YAMAMOTO, Takashi ARAI, Takashi TOMITA, Zameer SHERVANI, Akihiro YOSHINO, Keijiro TAGA, Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Yoshitaka TAGUCHI, Physical properties in aqueous solutions for a series of alkyltrimethylammonium salicylates (C12TA-Sal through C16TA-Sal): From a view point of drag reduction, Soft Nanoscience Letters, Vol.6, 2016.10, pp.45-55.

20: Shinji TAMANO, Hiroki IKARASHI, Yohei MORINISHI, and Keijiro TAGA, Drag reduction and degradation of nonionic surfactant solutions with organic acid in turbulent pipe flow, Journal of Non-Newtonian Fluid Mechanics, Vol.215, 2015.1, pp.1-7.

19: Shinji TAMANO, Takuya KITAO, and Yohei MORINISHI, Turbulent drag reduction of boundary layer flow with non-ionic surfactant injection, Journal of Fluid Mechanics, Vol.749, 2014.5, pp.367-403.

18: Shinji TAMANO and Motoyuki ITOH, Drag reduction in turbulent boundary layers by spanwise traveling waves with wall deformation, Journal of Turbulence, Vol.13, No.9, 2012.3, pp.1-26.

17: Shinji TAMANO, Michael D. GRAHAM, and Yohei MORINISHI, Streamwise variation of turbulent dynamics in boundary layer flow of drag-reducing fluid, Journal of Fluid Mechanics, Vol.686, 2011.11, pp.352-377.

16: Shinji TAMANO and Motoyuki ITOH, Comparison of turbulence structures at large and small drag reduction ratios in turbulent boundary layer of surfactant solutions, Journal of Turbulence, Vol.12, No.18, 2011.3, pp.1-22.

15: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Katsuo KATO, and Kazuhiko YOKOTA, Turbulent drag reduction in nonionic surfactant solutions, Physics of Fluids, Vol.22, No.055102, 2010.5, pp.1-12.

14: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Shintaro HOTTA, Kazuhiko YOKOTA, and Yohei MORINISHI, Effect of rheological properties on drag reduction in turbulent boundary layer flow, Physics of Fluids, Vol.21, No.055101, 2009.5, pp.1-12.

13: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Takefumi INOUE, Katsuo KATO, and Kazuhiko YOKOTA, Turbulence statistics and structures of drag-reducing turbulent boundary layer in homogenous aqueous surfactant solutions, Physics of Fluids, Vol.21, No.045101, 2009.4, pp.1-19.

12: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Mitsunori Yoshida and Kazuhiko YOKOTA, Confined swirling flows of aqueous surfactant solutions due to a rotating disc in a cylindrical casing, Transactions of the ASME, Journal of Fluids Engineering, Vol.130, No.081502, 2008.8, pp.1-9.

11: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Yuichiro IDE and Kazuhiko YOKOTA, Velocity measurements in confined swirling flow of polymer solutions with vortex shedding, Physics of Fluids, Vol.19, No.083103, 2007.8, pp.1-8.

10: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Kenichi HOSHIZAKI, and Kazuhiko YOKOTA, Direct numerical simulation of the drag-reducing turbulent boundary layer of viscoelastic fluid, Physics of Fluids, Vol.19, No.075106, 2007.7, pp.1-17.

09: Youhei MORINISHI, Shinji TAMANO and Eisuke NAKAMURA, New scaling of turbulence statistics for incompressible thermal channel flow with different total heat flux gradients, International Journal of Heat and Mass Transfer, Vol.50, 2007.5, pp.1781-1789.

08: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Yuichiro IDE and Kazuhiko YOKOTA, Vortex shedding in confined swirling flow of polymer solutions, Physics of Fluids, Vol.19, No.023103, 2007.2, pp.1-8.

07: Motoyuki ITOH, Shinji TAMANO, Ryo IGUCHI, Kazuhiko YOKOTA, Norio AKINO, Ryutaro HINO, Shinji KUBO, Turbulent drag reduction by seal fur surface, Physics of Fluids, Vol.18, No.065102, 2006.6, pp.1-9.

06: Motoyuki ITOH, Shinji TAMANO, Kazuhiko YOKOTA and Shinya TANIGUCHI, Drag reduction in a turbulent boundary layer on a flexible sheet undergoing a spanwise traveling wave motion, Journal of Turbulence, Vol.7, No.27, 2006.4, pp.1-17.

05: Shinji TAMANO and Youhei MORINISHI, Effect of different thermal boundary conditions on compressible turbulent channel flow at M =1.5, Journal of Fluid Mechanics, Vol.548, 2006.2, pp.361-373.

04: Youhei MORINISHI and Shinji TAMANO, Study on differences in turbulence statistics between compressible and incompressible low-Reynolds number turbulent channel flows using semi-local scaling, JSME International Journal, Series B, Vol.48, No.4, 2005.11, pp.743-749.

03: Motoyuki ITOH, Shinji TAMANO, Kazuhiko YOKOTA and Masato NINAGAWA, Velocity measurement in turbulent boundary layer of drag-reducing surfactant solution, Physics of Fluids, Vol.17, No.075107, 2005.7, pp.1-9.

02: Youhei MORINISHI, Shinji TAMANO and Koichi NAKABAYASHI, Direct numerical simulation of compressible turbulent channel flow between adiabatic and isothermal walls, Journal of Fluid Mechanics, Vol.502, 2004.3, pp.273-308.

01: Youhei MORINISHI, Shinji TAMANO and Koichi NAKABAYASHI, A DNS algorithm using B-spline collocation method for compressible turbulent channel flow, Computers and Fluids, Vol.32, No.5, 2003.6, pp.751-776.

学術論文(和文)

41: 吉住文太, 近藤靖裕, 諸井隆宏, 玉野真司, 森西洋平, 油膜貼り付き力による圧縮機リード弁の開き遅れ挙動の解析, 冷凍, 第92巻, 第1074号, 2017.4,pp.255-260.

40: 玉野真司, 阿部優剛, 森西洋平, 非イオン性界面活性剤と光反応性添加剤から構成されるフォトレオロジー流体の抵抗低減効果, 日本レオロジー学会誌, 2016.9, Vol. 44, No. 4,pp.205-210.

39: 玉野真司, 山本尚幸,米川航平, 森西洋平,多賀圭次郎, 常温エチレングリコール水溶液における非イオン性界面活性剤の抵抗低減効果, 日本レオロジー学会誌, 2016.6, Vol. 44, No. 3,pp.189-194.

38: 吉住文太, 諸井隆宏, 玉野真司, 森西洋平, 圧縮機の吐出用リード弁の開き遅れ挙動における作動条件と弁剛性の影響, 日本機械学会論文集, 第80巻, 第812号, 2014.4,pp.1-15.

37: 吉住文太, 近藤靖裕, 諸井隆宏, 玉野真司, 森西洋平, 圧縮機の吐出用リード弁における開き遅れ挙動の計算(弁変形-ガス流れ-油膜流れ連成挙動と開弁メカニズム), 日本機械学会論文集, B編, 第79巻, 第806号, 2013.10,pp.2003-2018.

36: 吉住文太, 近藤靖裕, 諸井隆宏, 玉野真司, 森西洋平, 圧縮機の吐出用リード弁における開き遅れ挙動の計算(弁変形-ガス流れ-油膜流れ連成計算のためのモデル化), 日本機械学会論文集, B編, 第79巻, 第806号, 2013.10,pp.1985-2002.

35: 森西洋平,夏野匡哲,劉治翔,玉野真司, 振動格子乱流の渦構造に及ぼす回転効果の数値解析, 日本機械学会論文集, B編, 第79巻, 第801号, 2013.5,pp.95-110.

34: 吉住文太, 近藤靖裕, 吉田一徳, 諸井隆宏, 玉野真司, 森西洋平, 圧縮機の冷媒ガス吐出用リード弁における開き遅れ現象(開弁過程における油膜挙動の可視化と弁変形計測), 日本機械学会論文集, C編, 第78巻, 第795号, 2012.11,pp.3787-3802.

33: 玉野真司, 宮川洸太郎,森西洋平,伊藤基之,多賀圭次郎, 非イオン性界面活性剤水溶液の円管内乱流における抵抗低減に及ぼす劣化の影響, 日本レオロジー学会誌, 2012.4, Vol. 40, No. 2,pp.69-77.

32: 玉野真司, 伊藤基之,楊文彬,横田和彦, 部分回転円板による粘弾性流体の容器内旋回流れの数値シミュレーション, 日本レオロジー学会誌, 2010.2, Vol. 38, No. 1,pp.9-16.

31: 玉野真司, 伊藤基之,高木綾子,横田和彦, 部分回転円板による高分子水溶液の容器内旋回流れにおけるリング渦のPIV計測, 日本機械学会論文集, B編, 第76巻, 第761号, 2010.1,pp.11-19.

30: 玉野真司, 伊藤基之,高木綾子,横田和彦, 部分回転円板による高分子水溶液の容器内旋回流れにおけるリング渦の可視化観察, 日本機械学会論文集, B編, 第76巻, 第761号, 2010.1,pp.4-10.

29: 玉野真司, 伊藤基之,竹内俊介,横田和彦, 界面活性剤水溶液の抵抗低減乱流境界層における乱れ構造(抵抗低減率の異なる流れ場の比較), 日本機械学会論文集, B編, 第75巻, 第760号, 2009.12, pp.2352-2360.

28: 玉野真司, 伊藤基之,笹川哲,横田和彦, 高分子水溶液の多段屈曲流路流れにおける流体混合の可視化観察, 日本機械学会論文集, B編, 第75巻, 第759号, 2009.11, pp.2122-2127.

27: 玉野真司, 伊藤基之,笹川哲,横田和彦, 高分子水溶液の屈曲流路流れにおける二次流れのPIV計測, 日本機械学会論文集, B編, 第75巻, 第759号, 2009.11, pp.2115-2121.

26: 玉野真司, 伊藤基之,松田知也,横田和彦, スパン方向進行波動を伴う柔軟シート上乱流境界層の摩擦抵抗低減, 日本機械学会論文集, B編, 第75巻, 第757号, 2009.9, pp.1798-1806.

25: 玉野真司, 伊藤基之,加藤克雄,横田和彦, 非イオン性界面活性剤水溶液の抵抗低減効果, 日本機械学会論文集, B編, 第75巻, 第756号, 2009.8, pp.1598-1607.

24: 横田和彦,田口稔邦,平井啓太,佐藤光太郎,玉野真司,伊藤基之,ネジ型粘性マイクロポンプの特性に関する実験的, 数値的, 理論的研究,日本機械学会論文集, B編, 第75巻, 第754号, 2009.6, pp.1238-1246.

23: 玉野真司, 伊藤基之,堀田慎太郎,横田和彦, 粘弾性流体の乱流境界層抵抗低減効果に及ぼすレオロジー特性の影響, 日本機械学会論文集, B編, 第75巻, 第750号, 2009.2, pp.227-234.

22: 玉野真司, 伊藤基之,井上武文,横田和彦, 界面活性剤水溶液の抵抗低減乱流境界層に及ぼす溶液温度の影響, 日本機械学会論文集, B編, 第74巻, 第741号, 2008.5, pp.1083-1090.

21: 玉野真司, 伊藤基之,井上武文,横田和彦, 界面活性剤水溶液の抵抗低減乱流境界層に及ぼす溶液濃度の影響, 日本機械学会論文集, B編, 第74巻, 第741号, 2008.5, pp.1075-1082.

20: 横田和彦,田口稔邦,佐藤光太郎,酒井康隆,玉野真司,伊藤基之,回転円柱を用いた多段粘性マイクロポンプの特性解明,日本機械学会論文集, B編, 第74巻, 第739号, 2008.3, pp.567-574.

19: 横田和彦,佐藤光太郎,石黒文彦,玉野真司,伊藤基之,二重円筒流れを用いた新型粘性マイクロポンプの圧力特性に関する理論的, 実験的, 数値的研究,日本機械学会論文集, B編, 第74巻, 第739号, 2008.3, pp.558-566.

18: 横田和彦,清水信二,佐藤友大,玉野真司,伊藤基之,軸方向圧縮を施した2次元Dual Bellノズルにおける流れ場と横力に関する研究,日本機械学会論文集, B編, 第73巻, 第735号, 2007.11, pp.2204-2212.

17: 玉野真司, 伊藤基之,星崎健一,横田和彦, 粘弾性流体の抵抗低減乱流境界層の直接数値シミュレーション (第2報, エネルギー輸送および組織構造), 日本機械学会論文集, B編, 第73巻, 第726号, 2007.2, pp.498-505.

16: 玉野真司, 伊藤基之,星崎健一,横田和彦, 粘弾性流体の抵抗低減乱流境界層の直接数値シミュレーション (第1報, 平均速度分布および乱れ統計量), 日本機械学会論文集, B編, 第73巻, 第726号, 2007.2, pp.490-497.

15: 玉野真司, 伊藤基之,井出雄一朗,横田和彦, 高分子水溶液の容器内旋回流れにおける渦放出, 日本機械学会論文集, B編, 第73巻, 第726号, 2007.2, pp.482-489.

14: 玉野真司, 伊藤基之,井出雄一朗,横田和彦, 高分子水溶液の容器内旋回流れにおける非定常挙動の可視化観察, 日本機械学会論文集, B編, 第72巻, 第723号, 2006.11, pp.2672-2679.

13: 伊藤基之,玉野真司, 井口亮,横田和彦, 秋野詔夫,アザラシ毛皮面上の乱流抵抗低減, 日本機械学会論文集, B編, 第72巻, 第717号, 2006.5, pp.1181-1188.

12: 伊藤基之,玉野真司, 吉田充徳,横田和彦, 界面活性剤水溶液の回転円板による容器内流れ, 日本機械学会論文集, B編, 第71巻, 第704号, 2005.4, pp.1043-1050.

11: 伊藤基之,玉野真司, 横田和彦,蜷川正人, 界面活性剤水溶液の乱流境界層における速度場計測, 日本機械学会論文集, B編, 第70巻, 第693号, 2004.5, pp.1140-1147.

10: 玉野真司, 森西洋平, 温度差を有する平行平板間の圧縮性乱流の数値解析, 日本機械学会論文集, B編, 第70巻, 第692号, 2004.4, pp.847-854.

09: 森西洋平, 玉野真司, 仲村栄祐,熱的壁面境界条件が異なる非圧縮性チャネル乱流の数値解析, 日本機械学会論文集, B編, 第69巻, 第682号, 2003.6, pp.1313-1320.

08: 森西洋平, 谷澤征哉, 玉野真司, 中林功一,低レイノルズ数圧縮性チャネル乱流の乱流統計量の無次元パラメータ依存性 (第2報,エネルギーの変換およびレイノルズ応力の輸送), 日本機械学会論文集, B編, 第69巻, 第680号, 2003.4, pp.816-823.

07: 森西洋平, 谷澤征哉, 玉野真司, 中林功一,低レイノルズ数圧縮性チャネル乱流の乱流統計量の無次元パラメータ依存性 (第1報,平均流れ場と乱れの統計量), 日本機械学会論文集, B編, 第69巻, 第680号, 2003.4, pp.808-815.

06: 森西洋平, 玉野真司, 谷澤征哉, 中林功一,圧縮性と非圧縮性チャネル乱流の乱流統計量の相違, 日本機械学会論文集, B編, 第68巻, 第676号, 2002.12, pp.3281-3287.

05: 玉野真司, 森西洋平, 中林功一, 断熱および等温壁平行平板間の圧縮性乱流の数値解析 (第4報,壁面乱流構造とレイノルズアナロジー), 日本機械学会論文集, B編, 第68巻, 第674号, 2002.10, pp.2749-2756.

04: 森西洋平, 玉野真司, 中林功一, 断熱および等温壁平行平板間の圧縮性乱流の数値解析 (第3報,エネルギー輸送), 日本機械学会論文集, B編, 第68巻, 第672号, 2002.8, pp.2253-2260.

03: 森西洋平, 玉野真司, 中林功一, 断熱および等温壁平行平板間の圧縮性乱流の数値解析 (第2報,平均速度および平均温度分布), 日本機械学会論文集, B編, 第68巻, 第666号, 2002.2, pp.409-416.

02: 森西洋平, 玉野真司, 中林功一, 断熱および等温壁平行平板間の圧縮性乱流の数値解析 (第1報,平均速度および平均温度分布), 日本機械学会論文集, B編, 第68巻, 第666号, 2002.2, pp.401-408.

01: 森西洋平, 玉野真司, 中林功一, B-スプライン法を用いた圧縮性壁乱流のDNSアルゴリズム, 日本機械学会論文集, B編, 第67巻, 第661号, 2001.9, pp.2251-2258.

招待講演&依頼講演&受賞講演

13: 玉野真司,界面活性剤を用いた流れの抵抗低減,第40回名古屋駅前イノベーションハブ技術シーズ発表会,愛知県産業労働センター,2017年6月2日.(依頼講演)

12: 玉野真司,希薄界面活性剤水溶液のレオロジー特性と乱流抵抗低減効果,機能創成セミナー,大阪大学,2016年6月10日.(依頼講演)

11: 玉野真司,希薄粘弾性流体のレオロジーと乱流抵抗低減,日本機械学会北海道支部特別講演会,北海道大学,2015年1月6日.(依頼講演)

10: Shinji TAMANO, Turbulent drag reduction due to spanwise traveling waves with wall deformation, FOR 1779 Symposium, Active Drag Reduction via Wavy Surface Oscillations, Aachen, Germany, 20-21 November, 2014. (招待講演)

09: 玉野真司,粘弾性流体のレオロジー,流動,および抵抗低減,流体若手夏の学校,滋賀県高島市白浜荘,2014年8月4-6日.(依頼講演)

08: 玉野真司,粘弾性流体の乱流境界層流れにおける抵抗低減効果,第7回I2plusセミナー,東京理科大学,2013年11月12日.(依頼講演)

07: 玉野真司,粘弾性流体の乱流境界層流れにおける抵抗低減メカニズムの解明,日本流体力学会年会2013,東京農工大学,2013年9月13日.(受賞講演)

06: 玉野真司,粘弾性流体の流動と抵抗低減,日本レオロジー学会2013年通常総会および第40年会,京都テルサ,2013年5月16日.(受賞講演)

05: 玉野真司,希薄界面活性剤水溶液の乱流抵抗低減効果とレオロジー特性,第43回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,名古屋工業大学,2012年11月11日.(依頼講演)

04: 玉野真司,粘弾性流体の抵抗低減乱流境界層流れにおける乱流ダイナミックスの流れ方向変化,第10回複雑流体研究会,キャンパス・イノベーションセンター(東京),2011年11月18日.(依頼講演)

03: 玉野真司,界面活性剤水溶液の流動抵抗低減とレオロジー,SWELセミナー,山形大学工学部,2011年10月21日.(依頼講演)

02: 玉野真司,粘弾性流体の壁乱流および容器内旋回流れの数値シミュレーション,プラスチック成形加工学会押出成形専門委員会,名古屋工業大学,2009年9月29日.(依頼講演)

01: Motoyuki ITOH and Shinji TAMANO, Drag reduction of turbulent flows of surfactant solutions, Proceedings of the 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Hokkaido, Japan, 13-16 October, 2008,PL-3, pp.1-5. (招待講演)

国際会議論文

33: Toru YAMADA, Erik O. JOHANSSON, Jinliang YUAN, Shinji TAMANO, Yohei MORINISHI, and Bengt SUNDÉNA, Simulations of microscale water flows in a squared lid cavity under freezing conditions using energy conserving dissipative particle dynamics, Proceedings of the 5th Micro and Nano Flows Conference, Milan, Italy, 11-14 September, 2016.9, pp. 1-2.

32: Shinji TAMANO, Hiroki UCHIKAWA, Shunsuke KATSURAGAWA, Yohei MORINISHI, and Toru YAMADA, Turbulence structures at maximum drag reduction in boundary layer flow with surfactant injection, Proceedings of the XVIIth International Congress on Rheology 2016, Kyoto, Japan, 8-13 August, 2016.8, pp. 1-2.

31: Keijiro TAGA, Yasushi YAMAMOTO, Shinji TAMANO, and Yohei MORINISHI, Industrial Application of Micelles: Drag Reduction, Proceedings of the 6th Asian Conference on Colloid and Interface Science, Sasebo, Japan, 24-27 November, 2015.11, p. 1.(依頼講演)

30: Yohei MORINISHI, Daiki YOSHIKAWA, and Shinji TAMANO, Counter-Gradient Diffusion of Reynolds Stress in Turbulent Channel Flow with Forward-Facing Step, Proceedings of the fifteenth European Turbulence International Symposium of Turbulence Conference, Delft, The Netherlands, 25-28 August, 2015.8, pp. 1-2.

29: Shinji TAMANO, Jun ITO, Hiroki UCHIKAWA, and Yohei MORINISHI, Turbulence Statistics of Turbulent Boundary Layer Flow Following Injection of Drag-Reducing Surfactant Solution, Proceedings of the fifteenth European Turbulence International Symposium of Turbulence Conference, Delft, The Netherlands, 25-28 August, 2015.8, pp. 1-2.

28: Shinji TAMANO, Hiroaki KURISAKI, Hiroki IKARASHI, and Yohei MORINISHI, Turbulent drag reduction due to electrostatic flocking surface with grooves, Proceedings of the European Drag Reduction and Flow Control Meeting 2015, Cambridge, UK, March 23-26, 2015.3, pp.45-46.

27: Yohei MORINISHI, Toyosei YAMAUCHI, Shinji TAMANO, Kazuhisa TSUBOKI, Hiroshi UYEDA, Development of offshore wind power forecasting system to evaluate wind resources around Japan, Proceedings of the Grand Renewable Energy 2014 International Conference and Exhibition, Tokyo, Japan, 27 July – 1 August, 2014.7, 8, pp.1-4.

26: Fumitaka YOSHIZUMI, Yasuhiro KONDOH, Takahiro MOROI, Shinji TAMANO, and Yohei MORINISHI, Numerical simulation on the opening delay of a discharge reed valve in compressors, Proceedings of The 22th International Compressor Engineering Conference at Purdue, West Lafayette, Indiana, 14-17 July, 2014.7,ID:1428, pp.1-9.

25: Yohei MORINISHI, Zhixiang LIU, Toshiki NAGAO, and Shinji TAMANO, Experimental and numerical study of oscillating grid turbulence subjected to system rotation, Proceedings of the fourteenth European Turbulence International Symposium of Turbulence Conference, Lyon, France, 1-4 September, 2013.9, pp.1-2.

24: Shinji TAMANO, Takuya KITAO, and Yohei MORINISHI, Streamwise variation of turbulent dynamics in boundary layer flow with drag-reducing surfactant injection, Proceedings of the eighth International Symposium of Turbulence and Shear Flow Phenomena, Poitiers, France, 28-30 August, 2013.8, pp.1-6.

23: Shinji TAMANO, Michael D. GRAHAM, and Yohei MORINISHI, Role of viscoelastic stresses in turbulent boundary layer flow of drag-reducing fluid, Proceedings of the XXIII International Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Beijing, China, 19-24 August, 2012, No. FM12-018, pp. 1-2.

22: Shinji TAMANO, Takuya KITAO, and Yohei MORINISHI, Turbulence statistics of drag-reducing boundary layer flow with injection of nonionic surfactant aqueous solution, Proceedings of the XVIth International Congress on Rheology 2012, Lisbon, Portugal, 5-10 August, 2012.8, p.1.

21: Yasushi YAMAMOTO, Shinji TAMANO, Keijiro TAGA, Motoyuki ITOH, and Yoshitaka TAGUCHI, New nonionic drag reducing surfactants by using the optimized molecular configuration, Proceedings of the International Association of Colloid and Interface Scientists Conference, Sendai, Japan, 13-18 May, 2012.5, p.1.

20: Fumitaka YOSHIZUMI, Yasuhiro KONDOH, Kazunori YOSHIDA, Takahiro MOROI, Masakazu OBAYASHI, Naofumi KIMURA, Shinji TAMANO, and Yohei MORINISHI, An experimental study on opening delay of a reed valve for reciprocating compressors, Proceedings of the ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011, Hamamatsu, Shizuoka, JAPAN, 24-29 July, 2011.7,No.07019, pp.1-11.

19: Kota TAKEICHI, Shinji TAMANO, and Yohei MORINISHI, A Stable compact finite difference methods with skew-symmetric form for LES of variable density flows, Proceedings of the ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011, Hamamatsu, Shizuoka, JAPAN, 24-29 July, 2011.7,No.02008, pp.1-8.

18: Shinji TAMANO, Michael D. GRAHAM, and Yohei MORINISHI, Streamwise variations in turbulence statistics in drag-reducing turbulent boundary layer of viscoelastic fluids, Proceedings of the ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011, Hamamatsu, Shizuoka, JAPAN, 24-29 July, 2011.7,No.25001, pp.1-11.

17: Li XI, Shinji TAMANO, and Michael D. GRAHAM, Active and hibernating turbulence in channel and boundary layer flow of Newtonian and polymeric fluids, Proceedings of the the Society of Rheology 82nd Annual Meeting, Santa Fe, New Mexico, 24-28 October, 2010.10,p.39.

16: Shinji TAMANO, Michael D. GRAHAM, and Yohei MORINISHI, Maximum drag reduction in viscoelastic turbulent boundary layer, Proceedings of the XVIth International Workshop on Numerical Methods for Non-Newtonian Flows, Northampton, Massachusetts, 13-16 June, 2010.6,p.32.

15: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Shunsuke TAKEUCHI, and Kazuhiko YOKOTA, Turbulence structures in turbulent boundary layer flow of homogeneous aqueous surfactant solution at large and small drag reduction ratios, Proceedings of the Society of Rheology 81th Annual Meeting, Madison, Wisconsin, 18-22 October, 2009.10,p.1. (Poster Presentation)

14: Motoyuki ITOH and Shinji TAMANO, Drag reduction of turbulent flows of surfactant solutions, Proceedings of the 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Japan, 13-16 October, 2008.10,PL-3, pp. 1-5.

13: Motoyuki ITOH, Shinji TAMANO, Katsuo KATO, and Kazuhiko YOKOTA, Turbulence structures in turbulent boundary layer flows of cationic and non-ionic surfactant solutions, Proceedings of the XXII International Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Adelaide, Australia, 25-29 August, 2008.8,No.11752, pp.1-2.

12: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Akira SASAKAWA, and Kazuhiko YOKOTA, Mixing of polymer solution in curvilinear pipe, Proceedings of the XXII International Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Adelaide, Australia, 25-29 August, 2008.8,No.11374, pp.1-2.

11: Kazuhiko Yokota, Kyohei Yamamoto, Kotaro Sato, Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Behaviors and effects of movable objects in supersonic flows, AIAA Paper 2008-6930, 26th AIAA Applied Aerodynamics Conference, Honolulu, Hawaii, 18-21 August, 2008.8, pp.1-14.

10: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Ayako TAKAGI, and Kazuhiko YOKOTA, Vortex shedding in confined swirling flows of polymer solutions with a partially rotating disc, Proceedings of the XVth International Congress on Rheology, Monterey, California, 3-8 August, 2008.8,No.CF-43, pp.1-3.

09: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, and Kazuhiko YOKOTA, Effect of rheological parameters on drag-reducing turbulent boundary layer of viscoelastic fluid, Proceedings of the Fifth International Symposium of Turbulence and Shear Flow Phenomena, TU Munich, 27-29 August, 2007.8, Vol.2, pp.715-720.

08: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Mitsunori YOSHIDA, and Kazuhiko YOKOTA, Confined swirling flows of aqueous surfactant solutions due to a rotating disc in a cylindrical casing, Proceedings of the Fifth Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conference, In CD-ROM, San Diego, CA, 30 July - 2 August, 2007.7, No.37043, pp.1-9.

07: Motoyuki ITOH, Shinji TAMANO, Takefumi INOUE, and Kazuhiko YOKOTA, Experimental Study on drag-reducing turbulent boundary layer flows of surfactant solutions, Proceedings of the Fifth Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conference, In CD-ROM, San Diego, CA, 30 July - 2 August, 2007.7, No.37042, pp.1-9.

06: Shinji TAMANO and Motoyuki ITOH, Unsteady confined swirling flow of polymer solutions, Proceedings of ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition, In CD-ROM, Chicago Illinois, 5-10 November, 2006.11,No.16337, pp.1-9.

05: Shinji TAMANO, Motoyuki ITOH, Kenichi HOSHIZAKI, and Kazuhiko YOKOTA, Direct numerical simulation of drag-reducing viscoelastic turbulent boundary layer, Proceedings of the Fourteenth European Drag Reduction and Flow Control Meeting, April 10-13, 2006.4, Ischia, Italy, pp.1-2.

04: Motoyuki ITOH, Shinji TAMANO, Ryo IGUCHI, Kazuhiko YOKOTA and Norio AKINO, Turbulent drag reduction on seal fur surface, Proceedings of the Second International Symposium on Seawater Drag Reduction, In CD-ROM, May 23-26, 2005.5, Busan, Korea, pp.529-533.

03: Motoyuki ITOH, Shinji TAMANO, Kazuhiko YOKOTA and Masato NINAGAWA, Velocity measurement in turbulent boundary layer of drag-reducing surfactant solution, Proceedings of the Fifteenth Australasian Fluid Mechanics Conference, In CD-ROM, Dec.13-17, 2004.12, NSW, Australia, pp.183-186.

02: Motoyuki ITOH, Shinji TAMANO, Kazuhiko YOKOTA and Shinya TANIGUCHI, Drag reduction in turbulent boundary layer on a flexible sheet undergoing a spanwise traveling wave motion, Proceedings of the Thirteenth European Drag Reduction Meeting, June 1-4, 2004.6, Aussois, France, p.13.

01: Shinji TAMANO and Youhei MORINISHI, DNS of wall-bounded compressible turbulent flow, Proceedings of the Fifth JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference, In CD-ROM, Nov.17-21, 2002.11, Nagoya, Japan, pp.1461-1466.

依頼論文(審査なし)

03: 玉野真司,粘弾性流体の流動と抵抗低減,日本レオロジー学会誌,第41巻,第5号,2013.12,pp. 289-300.(受賞講演論文)

02: 玉野真司,粘弾性流体の乱流境界層流れにおける抵抗低減メカニズムの解明,ながれ,第32巻,第3号,2013.6,pp. 215-218.(受賞記念解説)

01: 玉野真司,伊藤基之,リブレットおよび毛皮表面の流体摩擦低減,トライボロジスト,第55巻,第7号,2010.7,pp. 447-452.(解説)

研究会論文(審査なし)

01: 堀田慎太郎,玉野真司,伊藤基之,横田和彦,粘弾性流体の抵抗低減チャネル乱流に関する直接数値シミュレーション(構成方程式モデルの比較),流体熱工学研究,第42巻,第1号,2007.10,pp.18-26.

特許

02: 森西洋平,玉野真司,本郷理博,吸引装置,特願2016-123282.

01: 玉野真司,伊藤基之,柔軟リブレットの製造方法,特願2009-62376.